ABOUT あたねいあ 関口香のこと

エネルギーワーカー。通訳翻訳家。

大学卒業後、編集者として出版社の女性誌編集部に勤務。
激務を経て30代で子宮頸がん、またタイに住んでいた40代で甲状腺亢進症にかかるが、瞑想や代替療法、ヨガやヒーリングを学ぶ中で病気を手放す。その叡智を伝えるためにエネルギーワーカーとして働くかたわら、通訳翻訳業も行ない、「魂の声を伝える奇跡の通訳」と呼ばれている。

​​

苦しみを手放して、
自由になることを学んだこれまでの人生


スピリチュアルな探求が始まる前の私は、「仏陀が『生きることの本質は苦しみだ』と言ったというけれど、苦しむために生まれてくるなんて最悪だ」と思っていました。同時に、この世は不公平な場所だとも思っていました。

苦しみばかりの世の中に生きてる意味があるのだろうか。神様がいるなら、世界をもっと平和にしてほしい! とずっと思っていました。おそらく、過去生から続くテーマだったのでしょう。

​​アジアの貧しい国のスラムでボランティアをしたり、記者/編集者として悩める親向けの雑誌をつくったり、家庭福祉を学んだりしてきましたが、納得できる答えは見つかりませんでした。

でも、医者が「治療不可能」と言っていた病気を手放したことをきっかけに、いかに自分の思考が現実化しているか、潜在意識が強力に作用しているかがわかり、扉が開きました。

今は生きることの意味が、少しずつわかり始めてきています。
その真実について、一人でも多くの皆さんに、お伝えしたいと思っています。

シータヒーリングの資格


シータヒーリング®︎サイエンス&マスター(全てのクラスを教えることができます)

2007年基礎DNA、応用DNAプラクティショナー
2008年レインボーチルドレンプラクティショナー
2009年基礎 DNA、応用DNA、レインボーチルドレンインストラクター取得
豊かさと願いの実現化、超感覚解剖学、病気と障害、DNA3プラクティショナー取得
2010年ワールドリレーションズプラクティショナー取得
モンタナにて超感覚解剖学、ワールドリレーションズ、病気と障害、DNA3インストラクター取得
全てのクラスを教えることができるシータヒーリング®︎サイエンス&マスター取得
イギリスにて豊かさと願いの実現化クラスをヴァイアナから直接受け、世界初の「掘り下げクラス」に
ただ一人の日本人として参加。

2014年ディグディーパー、存在の層、アニマル、プラントプラクティショナー取得と同時に
ディグディーパー、存在の層、アニマル、プラントインストラクター取得
2016年関係性1ロシアにて「あなたと大切なパートナー」プラクティショナー取得
2017年関係性1ロシアにて「あなたと大切なパートナー」インストラクター取得。
ヴァイアナの基礎DNA、応用DNA、ディグディーパー、関係性1クラスを通訳。
2018年メキシコにて関係性2「あなたと創造主」プラクティショナー、インストラクター取得
秋にはスイスにて関係性3「あなたとインナーサークル」関係性4「あなたと地球」
プラクティショナー&インストラクター取得

2019年からは海外講師の認定クラスをホスト&通訳している。
・オーストラリアのマークアンソニー「富の意識(ウェルスコンシャスネス)」
・イスラエルのナラヤン&ノアム「ボディシングス」
・クロアチアのゴラン・カルナ「フォギブネス(許し)」、「アディクション(依存・中毒)」
2020年にはコロナ禍直前にマークを招聘し、約70人の大人数で対面クラスを大成功に導く。
また、6月にはマーク、ナラヤン、ゴランの3人のリレーウェビナー「海外講師が免疫を語る」に
約100人が参加した。
2021年3月ゴランのウェビナー「ACCEPT YOURSELF(最悪の自分を最高で受け入れる)」に約70人の参加。

個人セッションでは国内外にクライアントがいて、小学生から70代まで、のべ約3000人の方をセッション。​​皆さんからは、「普通に話しているうちに大きな変化が現れた!」「すごく軽くなった!」という声をいただいています。サロンを始めたときのクライアントさんが今でも会いにきてくれるのも喜び。

​​

通訳翻訳活動のこと

シータヒーリングでは、Facebookにて「シータヒーリングを生きる同好会」を主催し、ヴァイアナの語録やダウンロードを翻訳している。また、コロナ禍の初期にヴァイアナが世界に向けて発信したメッセージのヴォイスオーバーをYoutubeにて発表。

インドのO&Oアカデミー(旧ワンネスユニバーシティ)は、2012年から2016年まで定期的に通訳兼オーガナイザーとして活動。シュリ・アンマバガヴァンの日本でのイベント通訳、定期的な講師のミーティング通訳、また最近ではプリタジの1000人規模のイベント「ビーイングリミットレス」「フィールド オブ アバンダンス」また2020年以降は数々のオンラインイベント「マニフェスト」「5アウェイクニング」を初め、瞑想アプリ「ブリージングルーム」のボイスオーバーなどもしている。

翻訳書は、風丹谷香里(ふうにゃかおり)名義で『完全無欠のコミュニケーションのための7つのステップ』(キャス・トーマス著)、『Having your cake and eating it too(快楽主義者のための富裕でデカダントでオーガズミックな生き方ガイド) 』 (マーガレット・ブローナック著)など。

私の夢が叶った14年間のこと

2005年に甲状腺の病気を患い、このまま一生病気のままかと思った日々から一転、シータヒーリングを学び始めたことをきっかけに、夢がどんどん叶いました。そして今また大きなシフトが起きようとしています。