© 2018 by あたねいあ. Proudly created with Wix.com

​シータヒーリングとは?

1995年。アメリカで自然療法士かつサイキック(霊能者)として活躍していたヴァイアナ・スタイバルさんが、シータ波という脳波をつかったワークで自分の末期ガンから奇跡の生還を果たしました。

その経緯は『新版シータヒーリング』(ナチュラルスピリット社刊)に詳しく記述されています。

彼女のリーディング件数は、すでに5万件を超え、様々な奇跡が報告されています。

潜在意識に働きかけることにより、身体的な症状のみでなく、感情面や霊的(スピリチュアル)な面など、あらゆる面における解放・浄化が起き、大きな変容がうながされることもわかって来ています。

現在、西洋医学は素晴らしく進化しましたが、原因不明の病気や障害はなくなりません。

それは、目に観えるものだけを頼りにしているせいなのかもしれません。

なぜか人生に問題ばかり起こる人、人混みの中に行くと疲れてしまう人、通常では心療内科や精神科の領域を勧められるような症状や慢性病で苦しんでる人も潜在意識の中の何かが原因としてあります。エネルギー調整がうまくいってない場合もあります。

また、最良のパートナーと出会いたい、ビジネスで成功したいという願望の実現も、潜在意識に働きかけることで最大の可能性を手に入れることができるのです。

私は初めてシータヒーリングのセッションを受けた時、甲状腺機能亢進症を患っていました。突眼があり、視野も欠け始めていました。病院に行っても、ホルモン値に異常がないため、何もすることができないと言われました。

絶望の日々が1年以上続いた後に、シータヒーリングに出会ったのです。

その日、私が会いに行ったホメオパス(代替療法のホメオパシーを処方する人)は言いました。

「あなたの症状、心の状態は、ホメオパシーを根気よく1年ぐらいやると、かなり改善します。でも、それを1日でやってしまう方法があります。どちらがいいですか?」

私は迷いなく、「すぐできる、簡単な方法」を選びました。

その日の晩、久しぶりにぐっすり眠れたのを覚えています。それから1ヶ月後の2007年秋には、シータヒーリング学び始めていました。

​​

その後、2010年にシータヒーリングの米国本部でシータヒーリングの世界的な最高資格である「マスター」および「サイエンス」を取得しました。あれから10年近くが経とうとしていますが、シータヒーリングの魔法を、たくさんの人に知っていただければと思っています。