© 2018 by あたねいあ. Proudly created with Wix.com

ワールドリレーションズ

シータヒーリングには、ワールドリレーションズというクラスがあります。

 

5日間なのに本当にパワフルで、受けた後の変容は、アナトミーに劣らないくらいです。

それでいて、すごく楽しいのです。

まずは、このビデオを見てください。

ヴァイアナも、クラスの中で紹介した素晴らしいビデオです。

私が10年近く前に受講生として受講した時、最もワークすることになったのは、ユダヤ人で第2次対戦中に収容施設にいた時の過去でした。

 

それまでの私は、人種差別や民族差別に対してものすごく嫌悪感を持っていたし、アンネの日記を読んで、ユダヤ人をあんな目に合わせたあらゆる人々に本当に怒ってました。

 

でも、実際に過去生を見てみると、私は加害者側でした。

正確にいうと、自分だけ助かりたくて加害者側に加担した側、というか。

 

自分は被害者側にいると思っていたのに、実は加害者だった!

これは、ものすごいショッキングでした。

 

それと同時に様々な許しが起きました。人の弱さやずるさ、恐れや虚栄心を、創造主の観点から見ることができました。心から全ての人にヒーリングを送れることもできました。

次にアメリカでこのクラスのインストラクターを受けた前後には、日本人や日本の宗教、政治に対する怒りを主にワークすることになりました。日本の神様や仏教やお寺やお坊さんに対する怒りが、たくさんあることに気づきました。

そういえば、と思い出したのです。

17歳で初めて日本を出て交換留学生として1年間アメリカで暮らしたとき、自分のアジア人としての容姿を恥じたし、ほかの日本人を見ると恥ずかしいと思ったこと。

日本にいる時よりも、海外にいるとき、英語を話しているときのほうが、自分らしくいられると思っていたこと。

そういうものを一つひとつ丁寧にワークしたら、自分を愛し、自分の文化を大切にする気持ちがたっぷり湧いてきたし、日本人も日本の国も、本当に大切になりました。

…..ただ私たちって、自分の中の怒り、誰かに対する偏見や先入観は、特に機会でもなければそれを見つめようとはしないものです。

なぜ、私たちは怒りを解放できないのでしょう?

例えば、マナー違反をする外国の人に、ものすごく腹が立ったという人がいましたが、自分の怒りは正しいし、自分は間違ってないと思えば、それを解放しようとも思いつきません。

怒りを解放したら、マナー違反を許すことになってしまう!と信じてる人もいます。

確かに、自分がこうされたいと思っているルールを破られるのは、誰だって嫌ですよね。

でも、その国の人は、それがマナー違反だと学んでこなかったかもしれない。また、本当の怒りの根っこは、その外国の人に対してではなく、自分のテリトリーを侵害してきた家族の誰かとの昔の記憶にあるのかもしれません。

さらにいうと、この怒りは今生で終わらず、先祖や過去生からスタートしていることもあります。

それを、シータヒーリングでは働きかけることができるのです。

これはすごいことだと思います。

私は、このクラスを学んでから、自分を囲む空気が本当に楽になったと感じました。色々なことに抵抗を感じたり、怒ったり、ムカついたり、しなくて良くなりました。

ヴァイアナはインストラクターのクラスで、「あなたが様々な人に怒りや抵抗感を持っていれば、受講生達を拒絶するエネルギーを出してしまうから、クラスは小さくなります」と言っていました。

これは、クラスに限らずですよね。

自分の中にある根深い偏見や先入観、怒りや拒絶や抵抗がなければ、楽に生きられるし、楽に生きるスペースを他の人との間に持つことができます。

セッションをするときにも、偏見や先入観があるゆえに、上手に掘り下げられない人が多いです。だからこそ、セッション上手になりたかったら、まずは自分の中にある偏見や先入観を手放すことが大切なんです。

 

さらに、このワールドリレーションズでは、創造主との関係もワークすることになります。

私もそうでした。

10年前に、ワールドリレーションズを受けたとき、実は顔に原因不明のじんましんが出ていました。クラスの中で宗教や神に対する思いをワークするうちに、「どうせ私のことなんて、神は見てくれないでしょ!」というひねくれてる思考がたくさん出てきました。

 

そうか!

と、思いました。

 

だから、他の人を掘り下げるのは楽だったのに、セルフワークがうまくいかなかったんだということがわかりました。自分のことだと、上手に創造主につながれなかったんだなあっていう気づきです。

 

ほかの人のことは、創造主や癒してくれる。

でも、私のことは癒してくれない。だって、どうせ創造主は私には関心ないでしょ!

​これら全てに対する解放が起きるのが、ワールドリレーションズです。

どんなことを学ぶ?

・様々な国、民族、宗教への偏見、先入観に働きかけます。

日本、そして自分が属する集団への偏見、先入観を見ていきます。

あたねいあのワールドリレーションズ

これまでに訪れた国と地域は、秘境も含めて20か国以上! 海外経験が豊富のせいか、集まる受講生も面白い人ばかりです!

★受講料に含まれるもの:ワールドリレーション日本語マニュアル、世界各地の国や宗教に関する副読本

★受講に際して必要なこと:基礎DNA、応用DNA、超感覚解剖学かディグディーパー受講済みであること

初受講料116000円(税込)

再受講96000円(税込)

参加した方の声

これまでずっと避けていたテーマに対して自分なりに初めてちゃんと向き合えました。香さんと皆さんのお陰です。サポートされる安心感の中で出来たこともすごく良かったです。いろんな感情が出て来たし、色々な時空にも行きましたが、最終的にはみんな受け入れられて、感動しました。

結局、自分の中でずっと繰り返して来たのは、生命の大切さに関する学びだったということもわかりました。これまでは、それに向き合うことができずに逃げて来たのです。今回は、自分が生まれて来たことを腹の底から良かったと思えました。生命に感謝することができました。(Nさん 女性)

 

あっという間の5日間でした。でも、遺伝、過去生に残してきたエネルギーで解放したかったものを解放しに来たと今はわかります。素晴らしいメンバーと出会って、一つ一つが勉強で、次につながる課題もわかりました。

ワールドリレーションズというクラスの形をとっているけれど、これは次に飛躍していける道筋で通過点なんだなと思いました。ここに導かれて良かった。香さんに引っ張っていってもらって、感謝しています。

クラスを受ける前は、ワールドリレーションズのクラスって、もっと単純に遺伝と過去をクリアリングするだけだと思っていましたが、全然違いました。もっと多層的。ワールド=今見える世界、では終わらなくて、見えてない世界も含むいろんな世界。広い世界。がワールドリレーションズでした。(Rさん)

 

このタイミングで受けられて本当に良かったです。数年前、スイスに行った時、アジア人の方に助けてもらったのにもかかわらず、その人に偏見がある自分にびっくりしたことがあります。見ず知らずの国で優しくしてくれた人に対して、そんな気持ちを感じた自分に泣き出したいような気分になったのです。その時からずっとワールドリレーションズを受けたかったけれど、なかなか受ける気になれなかった。今回も悩んでました。

でも、受けてみて、やっぱり愛に目覚めていくクラスなんだということを感じています。深い愛が根底にあって、シータヒーリングのこのクラスが作られているんですよね。

シータヒーリングの世界に、より深く踏み込めた気がしています。これから家に帰って、もう一度一つひとつ向き合っていきたいと思います。今までと違う視点で物事を見られる自分に出会えるのも楽しみです。

一緒にペアワークしてくださった皆様に感謝です。香さんに質問したことも、しっかり答えていただいて、それもありがたかったし、良かった。香さんのクラスに出られて、本当に良かったです。(Kさん)

 

憤りが深まると恨みになるという話が、目から鱗でした。自分が恨みという感情を持っていたことにも驚きました。偏見とか嫌いとかも、自分にしっくりする言葉で筋反射を取ると、意外と引っかかると思いました。再々受講なのに、発見が多くてびっくりしました。

「判別」という言葉についても、繰り返し教えていただいて、適切に判別していく能力を新しい視点で入れていただいた感じがしています。これは必要な知性だと感じています。

ワールドは、受けなくてもいいと思っている人も多いようなのですが、本当に素晴らしいクラスだと思います。新しい関係性のセミナーも全部受けましたが、やはりワールドはその根幹のようなクラスだと思いました。(Kさん)

クリスタルレイアウト
クリスタルレイアウトで、過去生や先祖の学びを見にいきます
みんな笑顔
驚くほど軽くなります
どんな文化も受容できる
抵抗がなくなるから、英語もペラペラに!?
もっと見る